キャンプ、登山、旅、アウトドア、日本再発見

スカイファルコン

今なら楽天ひかりがモバイルとセットで最大1年間月額基本料無料!乗り換えも簡単だった。

楽天モバイルを申し込めば楽天ひかりが最大1年間月額基本料無料ということで、OCN光から乗り換えました。
その過程でいろいろわからないことがあったので、乗り換えまでの流れをまとめてみました。

まずは楽天モバイルに申し込もう。1GBまでなら無料

楽天モバイルも申し込まないと無料にならないので、まずは楽天モバイルと契約します。楽天モバイルはプランが1つしかなく、利用したデータ通信量により月額が決まります。しかし月のデータ通信量が1GBまでだった場合、1回線目に限り利用料が0円になります。また、通話も楽天でんわという専用のアプリを利用すれば無料でかけられるので、とりあえず持っておいても損はないかと思います。また、契約時に端末もセットで購入する場合、割引額が大きいのでおすすめです。

乗り換え前の光コラボから事業者変更承諾番号を取得

光コラボの乗り換えは、携帯電話会社を乗り換える際のMNPのように簡単にできるようになりました。今契約している光コラボ事業者に連絡して、事業者変更承諾番号という番号を発行してもらいます。OCN光の場合は、サポートセンターに電話をかけたら教えてもらえました。

楽天ひかりに申し込み

次に楽天ひかりに申し込みをします。申し込み画面での入力内容は以下の通り入力しました。

「お使いのインターネットサービスを選択してください」は「光コラボレーション」。
「現在ご利用中のインターネットサービスを教えてください。」は「OCN光」。
「設置先の居住タイプを選択してください」はお住まいにより「戸建て」か「マンション・集合住宅」。
「事業者変更承諾番号を教えてください」はOCN光で取得した番号 。
西日本エリアの場合はさらにCAF番号も入力が必要です。契約している光コラボに確認してください。
最後に引っ越し予定の場合はチェックを入れます。

「最後に楽天会員ログイン・新規登録」ボタンを押します。

楽天会員にならないと申込できないので、会員でない場合は登録が必要です。

引き続き入力事項を埋めて、申し込みが完了すると、数日後に開通日のお知らせが郵送されてきます。
僕の場合は9月20日開通でした。

IPv6を利用するには対応のルーターが必要

楽天ひかりのIPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)という次世代規格のインターネット接続を利用するには、対応のルーターが必要です。どのルーターが対応しているかは下記のページで確認できます。

楽天ひかりのIPv6(クロスパス)対応ルーター

ピークタイムや都市部でも早いという謳い文句ですが、もう一つうれしいのが、接続設定の際、IDとパスワードの入力が不要だったことです。というわけで上記サイトの「接続するだけで利用できるルーター」がおすすめです。

NECのAterm WX3600HPでも繋がりました

僕の場合、対応ルーター一覧に載っている機器はどうもスペック的に希望と合わなかったので、一覧にはないNECの Aterm WX3600HPという機器にしましたが、問題なくつながりました。

IPv6が開通するまでに、開通日から最大1週間程度かかる

さて、ルーターを Aterm WX3600HPに替え、9月20日の開通日がやってきましたが、ここから先何をすればいいのかよくわかりませんでした。というのも2,3日経ってもOCN光のままだったからです。結論から言うと何もする必要はなかったのですが。

最初はログインできていたOCNの管理画面も、23日ごろにログインできなくなりました。でも接続はまだOCN光のまま。気になってルーターの管理画面に入って設定を変えてみたり、クロスパス接続確認サイト確認くんにアクセスしてみたり。でも、何もしなくても25日くらいに楽天ひかりに切り替わりました。先ほども書きましたが、IDとパスワードの入力も必要ありませんでした。

切り替わったかどうかの確認方法はいくつかあり、1つは上記のクロスパス接続確認サイトにアクセスし、確認ボタンを押して、クロスパス(Xpass)が「クロスパス可変サービス利用中」と表示されているかどうかで分かります。

ほかには、Aterm WX3600HPの場合ですが、ルーターの管理画面にログインし、最初に表示される「装置情報」の動作モードが「クロスパス」になっているかどうかでもわかります。

楽天ひかりの管理画面で確認するには、メンバーズステーションにログインし、「各種オプションご利用状況」のIPv6接続(IPoE)のお申し込みへをクリックします。次の画面で「現在、「IPv6接続(IPoE)」を利用中です。」と表示されていれば開通済みです。

ちなみに通信速度をUSEN GATE 02というサイトで測定したところ、以下の通りでした。十分快適に利用できています。

USEN GATE 02 での速度測定結果

楽天モバイルも楽天ひかりもSPU+1倍でお得

楽天モバイルも楽天ひかりもどちらもSPUが+1倍なので、両方申し込むと楽天市場のポイントが合計2倍になります。楽天モバイルを月1GB以下に抑えれば、1年間は完全無料で2倍になるので、かなりお得感がありますね。

まとめ

楽天ひかりの無料キャンペーンを利用するには楽天モバイルの契約も必要。

光コラボからの乗り換えには、事業者変更承諾番号が必要で、現在契約している光コラボ事業者から取得する。

楽天ひかりのIPv6を利用するには対応のルーターが必要。下記サイトにて対応ルーターを確認できる。
楽天ひかりのIPv6(クロスパス)対応ルーター
一覧にはないが、NECのAterm WX3600HPでも接続できた。

IPv6が開通するまでに、開通日から最大1週間程度かかるが、それまで特に何もする必要はなく、Aterm WX3600HPの場合、IDとパスワードの入力も不要だった。

楽天モバイルも楽天ひかりもどちらもSPUが+1倍なので、両方申し込むと楽天市場のポイントが合計2倍になる。

更新日:

Copyright© スカイファルコン , 2022 All Rights Reserved SkyFalcon.